私たちは思いやりとまごころをもって心身ともに癒される医療を提供します。

私たちは「地域で求められている医療サービスとは何か」を第一に考え、「いつでも、どこでも、誰でもが安心して受けられる医療」を理念に、保健・医療・福祉分野での総合的な事業を目指しています。



  • 日々医療の質の向上に努め、地域の救急医療に積極的に参加します。
  • 患者様の権利を尊重します。
  • 患者様に謙虚に耳を傾け、信頼される病院とします。
  • 患者様にやさしい施設環境を整えます。

平成23年にそれまで広島市中区の2か所で運営していた「八丁堀平松整形外科消化器科病院」と「平松整形外科病院」を統合し、南区に「ヒロシマ平松病院」を設立しました。 地域の皆様からの支えや、近隣の医療施設との連携のおかげで徐々に軌道に乗ってきております。

医療は日々進歩し、医療制度も変化し続けております。
そのため、今まで以上に研鑽し、時代に適合した病院を作っていくことが重要と考えます。

今後も設備や人材を充足させ、創意工夫をすることで、よりよい医療を安心して受けていただけるように職員一同頑張ります。
患者さんからここに来てよかったと思っていただけるような病院を目指しますので、よろしくお願いします。

ヒロシマ平松病院 理事長・院長 平松 廣夫
ヒロシマ平松病院 理事長・院長 平松 廣夫

昭和57年
医療法人社団まりも会 平松整形外科病院 発足
平成11年
河石記念病院 設立
平成18年
河石記念病院を八丁堀平松整形外科消化器科病院に改名
平成23年
上記2病院を統合して、ヒロシマ平松病院設立。
同時に銀山町ヒロシマ平松整形外科外科も無床診療所として再スタート。
平成27年
サービス付き高齢者向け住宅「ケアホームひらまつ」、訪問介護事業所「サポートひらまつ」、訪問看護ステーション「サポートひらまつ」、ディサービス「サポートひらまつ」、居宅介護支援事業所「ひらまつ」をヒロシマ平松病院に隣接して設立
銀山町無床診療所を閉院
平成28年
サービス付き高齢者向け住宅の1階にヒロシマ平松歯科口腔外科クリニックを設立